CakePHP3のMigrationsでDB接続先を切り替える方法

CakePHP3 の Migrations コマンドを使ってマイグレーションする際、DB 接続先を明示的に指定することが出来ます。

この記事の内容は、以下のように CakePHP の設定ファイルに複数の Datasource が設定されていることが前提になります。

config/app.php:

    /**
     * Connection information used by the ORM to connect
     * to your application's datastores.
     * Do not use periods in database name - it may lead to error.
     * See https://github.com/cakephp/cakephp/issues/6471 for details.
     * Drivers include Mysql Postgres Sqlite Sqlserver
     * See vendor\cakephp\cakephp\src\Database\Driver for complete list
     */
    'Datasources' => [
        'default' => [
            // 省略
        ],
        'my_other_connection' => [
            // 省略
        ]
    ],

Datasource を指定するオプション

例えば config/app.php で設定した my_other_connection の Datasource に接続する場合、以下のように -c オプションにデータソース名を指定します。

./bin/cake migrations migrate -c my_other_connection

また、以下のように接続先を指定しないとデフォルトの Datasource が使用されます。

./bin/cake migrations migrate

ただし、この方法は全てのマイグレーションファイルで指定した接続先が使用されます。マイグレーションファイルごとに接続先を切り替えたい場合は以下を参照してください。

マイグレーションファイルごとに接続先を切り替える方法

少しアナログな方法にはなりますが、少し手を加えることで実現できます。

まず、以下のように接続先ごとにフォルダを分けて、その中にマイグレーションファイルを入れておきます。

  • config/Migrations/default (default コネクション用フォルダ)
  • config/Migrations/other (my_other_connection コネクション用フォルダ)

この状態でマイグレーションをするときに -s (–source=SOURCE) オプションで上記のディレクトリを指定してマイグレーションします。

./bin/cake migrations migrate -c default -s Migrations/default

./bin/cake migrations migrate -c my_other_connection -s Migrations/other

マイグレーションの実行履歴はコネクションごとの phinxlog テーブル上で管理されるため、バッティングせずにマイグレーション出来ます。

コマンドオプション指定の組み合わせは間違えないよう注意する必要があります。

MySQLの複合主キーテーブル検索時の速度比較

MySQL の複合主キーテーブルのレコードを何件かピックアップして主キー検索したい機会があったので、いくつかのパターンの SQL で検索してパフォーマンス比較をしてみました。

実験の内容

  • それぞれ適当にピックアップした15レコードを1クエリで検索する
  • 実行時間は同じクエリを5回実行したときの最小と最大の時間を計測
  • レコードは適当に100,000件投入

実験環境

  • Ubuntu 13.10 (on Vagrant)
  • MySQL 5.5.37
  • InnoDB

使用したテーブル

CREATE TABLE `myTable` (
  `player_id` int(11) NOT NULL,
  `id` int(11) NOT NULL,
  `body` varchar(255) DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`player_id`,`id`)
) ENGINE=InnoDB;

各検索方法の実行時間とインデックス使用状況

1. OR検索の場合

SQL例

SELECT * FROM `myTable`
WHERE  (`player_id` = 50 AND `id` = 4856)
  OR (`player_id` = 61 AND `id` = 4274);

※実験時は15個のORを繋げて検索しましたが長くなるのでここでは省略しています。

実行時間

1.2ms ~ 1.5ms

EXPLAIN結果

id select_type table type possible_keys key key_len ref rows Extra
1 SIMPLE myTable range PRIMARY PRIMARY 8 NULL 15 Using where

2. UNION ALL検索の場合

SQL例

SELECT * FROM `myTable` WHERE (`player_id` = 50 AND `id` = 4856)
UNION ALL
SELECT * FROM `myTable` WHERE (`player_id` = 61 AND `id` = 4274);

実行時間

1.5ms ~ 2.0ms

EXPLAIN結果

id select_type table type possible_keys key key_len ref rows Extra
1 PRIMARY myTable const PRIMARY PRIMARY 8 const,const 1
2 UNION myTable const PRIMARY PRIMARY 8 const,const 1
15 UNION myTable const PRIMARY PRIMARY 8 const,const 1
NULL UNION RESULT ALL NULL NULL NULL NULL NULL

3. WHERE IN の複合カラム指定による検索の場合

SQL例

SELECT * FROM `myTable`
WHERE (player_id, id) IN ((50, 4856),(61, 4274));

実行時間

40.9ms ~ 49.7ms

EXPLAIN結果

id select_type table type possible_keys key key_len ref rows Extra
1 SIMPLE myTable ALL NULL NULL NULL NULL 100714 Using where

コメント

最も高速なのは普通に OR で繋げる検索でした。range スキャンになるんですね。次点で UNION ALL 検索。ちなみに ALL 無しの UNION に変えてもほぼ同じ速度でした。

そして最も遅かったのは WHERE IN 検索でした。IN 句に指定する件数が多いとオプティマイザはフルスキャンを選択するため大幅に遅い結果になりました。

DBテーブルの差分を出力するMySQL::diffをインストールする

二つの MySQL データベースを比較し差分 ALTER SQL 文を出力してくれる perl 製ツール、MySQL::diffのインストール方法です。

このツールは、稼働中のデータベースのテーブルスキーマを最新に更新する場合など使えます。

Usage: mysqldiff [ options ] <database1> <database2>

今回はサーバデプロイ時のスキーマ更新作業を自動化するためにインストールしてみました。上手く使うと DDL のスマートなバージョン管理に一役買ってくれると思います。

コマンドラインツールなので GUI で分かりやすく差分を出力したい場合には不向きです。そういった場合はこのツールよりも MySQLWorkbench を使ったほうが便利でしょう。

MySQL::diff のインストール

MySQL::diff は mysqldiff – search.cpan.org で公開されています。

インストール先を /usr/local/mysqldiff にしました。

wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/A/AS/ASPIERS/MySQL-Diff-0.43.tar.gz
tar xzvf MySQL-Diff-0.43.tar.gz
mv MySQL-Diff-0.43 /usr/local/mysqldiff

/usr/local/bin/mysqldiff にシンボリックリンクをはります。

ln -s /usr/local/mysqldiff/bin/mysqldiff /usr/local/bin/mysqldiff

これでインストール完了と言いたいところなのですが、このままだとパスが通っておらず以下のエラーが起こります。

Can't locate MySQL/Diff.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/mysqldiff/bin /usr/lib64/perl5/site_perl/5.8.8/x86_64-linux-thread-multi /usr/lib/perl5/site_perl/5.8.8 /usr/lib/perl5/site_perl /usr/lib64/perl5/vendor_perl/5.8.8/x86_64-linux-thread-multi /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.8.8 /usr/lib/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5/5.8.8/x86_64-linux-thread-multi /usr/lib/perl5/5.8.8 .) at /usr/local/bin/mysqldiff line 112.
BEGIN failed--compilation aborted at /usr/local/bin/mysqldiff line 112.

このエラーを修正するために、ソースコードの冒頭に use lib 文を一行追記します。

vi /usr/local/mysqldiff/bin/mysqldiff
#!/usr/bin/perl -w
use lib '/usr/local/mysqldiff/lib';

=head1 NAME

また、CentOS の場合では CPAN で File::Slurp をインストールする必要がありました。

cpan
cpan > install File::Slurp

mysqldiff コマンドを空打ちしてみて、usage が表示されれば無事にインストール完了です。