CakePHP3のPHPUnitをブラウザからテストする方法

CakePHP2 まで PHPUnit の Webrunner (webroot/test.php) が公式で提供されていましたが、CakePHP3 からはこれが削除されてしまいました。

CakePHP 3.x Migration Guide によると、「ユニットテストをしたい人は CLI による PHPUnit をインストールしてね。更にブラウザからテストしたい人は VisualPHPUnit (Webrunner) を別途インストールしてね。」という方針のようです。

便利だったのに残念ですね(´・_・`)

VisualPHPUnit とは

PHPUnit をウェブブラウザから実行してくれる外部ツールです。これまでの test.php で出来ていたことは大体出来ると思います。

UI はこのような感じで、なかなかお洒落。

VisualPHPUnit のスクリーンショット

インストールにあたっての前提

この記事のインストール方法は PHPUnit がインストール済みで、CLI から UnitTest が行える状態になっていることが前提です。

もしまだの場合、公式ドキュメントの Installing PHPUnit の項を参照してみてください。

CakePHP3.x に VisualPHPUnit をインストールする手順

今のところ公式 Cookbook にはインストール方法が載っていない為、独自の方法になります。

基本には VisualPHPUnit の README の説明の通りで、VisualPHPUnit を公開ディレクトリに入れて設定してアクセスするだけです。(本当は composer でインストールしたい..)

1. VisualPHPUnit をダウンロードする

VisualPHPUnit のリポジトリから Download ZIP してきます。git clone でも大丈夫だと思います。

2. webroot に VisualPHPUnit を入れる

ZIP 展開後のディレクトリを test にリネームして webroot/test に配置します。

3. キャッシュディレクトリの書き込み権限を設定する

webroot/test/app/resource/cache ディレクトリの権限を 777 にします。

chmod 777 -R webroot/test/app/resource/cache

4. 設定ファイルの設定を行う

設定ファイルの webroot/test/app/config/bootstrap.php を開いて以下の3箇所を書き換えます。

composer_vendor_path のパス

// 'composer_vendor_path' => $root . '/vendor',
'composer_vendor_path' => $root . '/../../vendor',

test_directories のパス

    'test_directories' => array(
        //'Sample Tests' => "{$root}/app/test",
        //'My Project' => '/var/www/sites/my.awesome.site.com/laravel/tests',
        'App' => "{$root}/../../tests/TestCase",
    ),

bootstraps のパス

    'bootstraps' => array(
        // '/path/to/bootstrap.php',
        //'/var/www/sites/my.awesome.site.com/laravel/bootstrap/autoload.php',
        "{$root}/../../tests/bootstrap.php",
    )

5. 必要に応じてウェブサーバの設定やその他設定を行う

Apache や nginx の追加設定が必要な場合があります。VisualPHPUnit の README を参照してみてください。

以上でインストール完了です。

使い方

ブラウザから webroot/test ディレクトリにアクセスし、左側の FILES 欄でテストしたいテストケースを選択し「Run Tests」をクリックするとテスト結果が表示されます。

URL例: http://example.com/test/

ちなみに TestCase 上で echo や var_dump() をすると結果画面上にデバッグ用として出力してくれるので便利です。

2016/02/22更新: 設定の test_directories のパス定義に /TestCase を追加しました。

CakePHP3のBakeコマンドで生成されるファイルをカスタマイズする

TL;DR

CakePHP3 の bake コマンドで生成されるファイルの内容をカスタマイズしたい場合、対応するテンプレートファイルを src 以下にコピーして追加して内容を書き換えるだけでカスタマイズできます。

Model ファイルを bake する例

まずは通常通り Model 関連ファイルを作成するコマンドです。
テーブル名が users の場合は以下のようなコマンドを実行すると焼き上がります。

bin/cake bake model Users

実行すると以下4ファイルが生成されます。

  • src/Model/Table/UsersTable.php (Table)
  • src/Model/Entity/User.php (Entity)
  • tests/Fixture/UsersFixture.php (Fixture)
  • tests/TestCase/Model/Table/UsersTableTest.php (TestCase)

生成されるファイルの内容を一部カスタマイズする方法

上記のコマンドで生成されるファイルのコード内容を一部書き換えたい場合どうすればいいでしょうか?
例えば Table クラスファイルの内容を書き換えたい場合、以下の手順で出来ます。

  1. vendor/cakephp/bake/src/Template/Bake/Model/table.ctp にあるファイルをコピーする(通常はこのファイルを元に生成が行われる)
  2. コピーしたファイルを src/Template/Bake/Model/table.ctp に貼り付ける
  3. 貼り付けたファイルの内容の書き換えたい箇所を書き換える

この状態で bake コマンドを実行するとコピーした ctp ファイルを元にクラスファイルの生成が行われます。
Entity クラスや Controller クラスなどを書き換えたい場合も同様の方法で可能です。

ctp ファイルの書き方やその他詳しい情報は CakePHP 公式ドキュメントの Extending Bake — CakePHP Cookbook 3.x documentation を参照してください。

更にカスタマイズをしたい場合

更なるカスタマイズをしたい場合、ここでは詳しく説明しませんが bake 用の Theme Plugin を作成してそれを bake 時に有効にして適用する方法や、新しい bake コマンドオプションを作ってしまう方法などがあります。

例えば Bake\Shell\Task\SimpleBakeTask クラスを継承して FooBakeTask クラスを作成することで、以下のようなコマンドを実行できるようになります。

bin/cake bake foo

やろうと思えば専用のコマンドラインオプションの追加実装なども出来るため、かなり自由度の高いカスタマイズが出来そうです。