MySQLの複合主キーテーブル検索時の速度比較

MySQL の複合主キーテーブルのレコードを何件かピックアップして主キー検索したい機会があったので、いくつかのパターンの SQL で検索してパフォーマンス比較をしてみました。

実験の内容

  • それぞれ適当にピックアップした15レコードを1クエリで検索する
  • 実行時間は同じクエリを5回実行したときの最小と最大の時間を計測
  • レコードは適当に100,000件投入

実験環境

  • Ubuntu 13.10 (on Vagrant)
  • MySQL 5.5.37
  • InnoDB

使用したテーブル

CREATE TABLE `myTable` (
  `player_id` int(11) NOT NULL,
  `id` int(11) NOT NULL,
  `body` varchar(255) DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`player_id`,`id`)
) ENGINE=InnoDB;

各検索方法の実行時間とインデックス使用状況

1. OR検索の場合

SQL例

SELECT * FROM `myTable`
WHERE  (`player_id` = 50 AND `id` = 4856)
  OR (`player_id` = 61 AND `id` = 4274);

※実験時は15個のORを繋げて検索しましたが長くなるのでここでは省略しています。

実行時間

1.2ms ~ 1.5ms

EXPLAIN結果

id select_type table type possible_keys key key_len ref rows Extra
1 SIMPLE myTable range PRIMARY PRIMARY 8 NULL 15 Using where

2. UNION ALL検索の場合

SQL例

SELECT * FROM `myTable` WHERE (`player_id` = 50 AND `id` = 4856)
UNION ALL
SELECT * FROM `myTable` WHERE (`player_id` = 61 AND `id` = 4274);

実行時間

1.5ms ~ 2.0ms

EXPLAIN結果

id select_type table type possible_keys key key_len ref rows Extra
1 PRIMARY myTable const PRIMARY PRIMARY 8 const,const 1
2 UNION myTable const PRIMARY PRIMARY 8 const,const 1
15 UNION myTable const PRIMARY PRIMARY 8 const,const 1
NULL UNION RESULT ALL NULL NULL NULL NULL NULL

3. WHERE IN の複合カラム指定による検索の場合

SQL例

SELECT * FROM `myTable`
WHERE (player_id, id) IN ((50, 4856),(61, 4274));

実行時間

40.9ms ~ 49.7ms

EXPLAIN結果

id select_type table type possible_keys key key_len ref rows Extra
1 SIMPLE myTable ALL NULL NULL NULL NULL 100714 Using where

コメント

最も高速なのは普通に OR で繋げる検索でした。range スキャンになるんですね。次点で UNION ALL 検索。ちなみに ALL 無しの UNION に変えてもほぼ同じ速度でした。

そして最も遅かったのは WHERE IN 検索でした。IN 句に指定する件数が多いとオプティマイザはフルスキャンを選択するため大幅に遅い結果になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算問題(認証) * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.