ClipMenuがCPU使用率100%以上になる場合

ClipMenu を使用していると稀に高負荷状態に陥り CPU 使用率が100%を上回る状態が続くことがあります。CPU ファンがうなり続ける状態です。

大抵の場合はアプリを強制終了し再起動すれば治るのですが、アプリを何度再起動しても高負荷状態が続く現象に遭遇しました。

これはクリップボード履歴データが怪しいということで、初期化を行ったところ解決しましたので方法をメモしておきます。

クリップボードデータの初期化方法

ClipMenu は操作不能のため、アプリを終了した状態でターミナル上で以下の操作を行い初期化しました。

cd ~/Library/Application\ Support/ClipMenu/
cp clips.data clips.data.bak
:> clips.data

最後のコロンコマンドの意味は シェルスクリプトでset -eしているときに処理を中断せずエラーを扱う方法 で少し触れています。何もしないコマンドですが、リダイレクトするとそのファイルが空になります。

~/Library/Application Support/ClipMenu/clips.data がクリップボードデータの実体ファイルパスになります。履歴データは消えてしまいますが、同様の症状の場合は試してみるといいかも。

LINE Login Platformの概要メモ

LINE Login Platform とは

2015年6月30日に公開された、自身で開発したスマートフォンアプリやウェブアプリに LINE アカウントを使用したログイン機能を組み込むためのプラットフォームです。

アプリに SDK を組み込む場合は、ログインにメールアドレス入力の手間はなく、LINE アプリを介して認証ボタンを押すだけで認証可能になります。

詳細: LINE Login Platformを公開いたしました

LINE ログイン後にできること

  • LINE 上の内部的なユーザ識別子の取得 (mid)
  • プロフィール画像の取得 / 設定
  • LINE 上の友達一覧の取得
  • グループの一覧の取得
  • グループに属しているメンバ一覧の取得
  • 指定したチャットへのメッセージの送信

APIリファレンス: https://developers.line.me/ios/api-reference

利用の注意事項

  • オンラインゲーム / メッセージングサービスでは利用不可(リジェクト対象)
  • 使用には事前に LINE Partner Program へ利用申請と審査通過が必要
    • 2015年6月30日時点では希望する法人のみ申請を受け付け
    • 申請には法人名や法人に関する情報、利用したいアプリケーションの情報などが必要

プラットフォーム活用例

  • LINE アカウントを使用した自社サービスへの簡単ログイン
  • 【LINEマンガでの事例】おすすめのマンガをタイムラインやグループチャットに投稿して紹介報酬コイン獲得

ちなみにうちの会社ではいまパートナープログラム申請中です。通過するといいなあ…。