UbuntuにRedmine2.5をインストールする手順

Vagrant 上の Ubuntu 13.10 に Redmine をインストールしたので手順をメモしておきます。

redmine.org で紹介されているインストール方法を参考にしています。
RedmineInstall

導入バージョン

  • Ruby 1.9.3
  • Redmine 2.5 (Stable)
  • Rails 3.2
  • Apache 2.4.6
  • Passenger 4.0.46

更新可能な全パッケージを更新しておく

sudo apt-get update 
sudo apt-get upgrade

必要な関連パッケージをインストール

ImageMagick はガントチャートの表示やエクスポートで使用されます。

sudo apt-get install imagemagick libmagickwand-dev
sudo apt-get install subversion
sudo apt-get install git-core git
sudo apt-get install ruby1.9.3

MySQL もインストールされていなければしておきます。途中で root のパスワードを聞かれると思います。

sudo apt-get install mysql-server mysql-client

Redmine 用のデータベースとユーザの作成

MySQL にログインして作成します。

mysql -uroot -p

CREATE DATABASE redmine CHARACTER SET utf8;
CREATE USER 'redmine'@'localhost' IDENTIFIED BY 'my_password';
GRANT ALL PRIVILEGES ON redmine.* TO 'redmine'@'localhost';
FLUSH PRIVILEGES;

Redmine 本体のダウンロードと配置

今回は /var/www/redmine に展開します。

cd /var/www
wget http://www.redmine.org/releases/redmine-2.5.2.tar.gz
tar zxvf redmine-2.5.2.tar.gz
mv redmine-2.5.2 redmine
rm redmine-2.5.2.tar.gz

Redmine の動作に必要な関連パッケージをまとめてインストール

Bundler がインストールされていなければしておきます。

gem install bundler

Redmine を展開した先のアプリケーションルートディレクトリに Gemfile があるので、これを使って Bundler でまとめてインストールします。

cd /var/www/redmine
bundle install --without development test

色々インストールされていきます。

Fetching gem metadata from https://rubygems.org/.........
Fetching additional metadata from https://rubygems.org/..
Resolving dependencies...
Installing rake 10.1.1
Installing i18n 0.6.11
Installing multi_json 1.10.1
Installing activesupport 3.2.19
Installing builder 3.0.0
Installing activemodel 3.2.19
Installing erubis 2.7.0
Installing journey 1.0.4
Installing rack 1.4.5
Installing rack-cache 1.2
Installing rack-test 0.6.2
Installing hike 1.2.3
Installing tilt 1.4.1
Installing sprockets 2.2.2
Installing actionpack 3.2.19
Installing mime-types 1.25.1
Installing polyglot 0.3.5
Installing treetop 1.4.15
Installing mail 2.5.4
Installing actionmailer 3.2.19
Installing arel 3.0.3
Installing tzinfo 0.3.40
Installing activerecord 3.2.19
Installing activeresource 3.2.19
Installing awesome_nested_set 2.1.6
Using bundler 1.6.3
Installing coderay 1.1.0
Installing rack-ssl 1.3.4
Installing json 1.8.1
Installing rdoc 3.12.2
Installing thor 0.19.1
Installing railties 3.2.19
Installing jquery-rails 2.0.3
Installing mysql2 0.3.16
Installing net-ldap 0.3.1
Installing ruby-openid 2.3.0
Installing rack-openid 1.4.2
Installing rails 3.2.19
Installing redcarpet 2.3.0

データベースの接続先を設定

production の接続先設定を環境に合わせて設定します。

cp /var/www/redmine/config/database.yml.example /var/www/redmine/config/database.yml
vim /var/www/redmine/config/database.yml

セッションのシークレットトークンを生成

cd /var/www/redmine
rake generate_secret_token

初期テーブルを作成

テーブルを作成します。

cd /var/www/redmine
RAILS_ENV=production rake db:migrate

作成したテーブルに初期データをロードします。どの言語でデータをロードを聞かれると思います。

RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data

WebAP のファイルシステムのパーミッションを設定

chmod -R 777 files
chmod -R 777 log
chmod -R 777 tmp
chmod -R 777 public/plugin_assets

WEBrick で Redmine が正しくインストールされたか確認する

WeBrick を起動します。

ruby script/rails server webrick -e production

3000 ポートの URL にアクセスして Redmine が表示されることを確認します。

URLの例: http://localhost:3000/

ID は admin、パスワードも admin でログインできると思います。

Passenger をインストール

Rails を動作させるためのサーバの用意をしていきます。

gem install passenger

Passenger の Apache モジュールをインストール

次に Apache2 用の Passenger モジュールをインストールします。

passenger-install-apache2-module

上記コマンド実行後の最初の案内は enter で進みます。その次に「Which languages are you interested in?」ということを聞かれるのでそのまま enter で進みます。その後、インストールに必要なものが全てインストールされているかチェックされます。

Checking for required software...

<ul>
<li>Checking for C compiler...
  Found: yes
  Location: /usr/bin/cc</li>
<li>Checking for C++ compiler...
  Found: yes
  Location: /usr/bin/c++</li>
<li>Checking for Curl development headers with SSL support...
  Found: no
  Error: Cannot find the <code>curl-config</code> command.</li>
<li>Checking for OpenSSL development headers...
  Found: yes
  Location: /usr/include/openssl/ssl.h</li>
<li>Checking for Zlib development headers...
  Found: yes
  Location: /usr/include/zlib.h</li>
<li>Checking for Apache 2...
  Found: yes
  Location of httpd: /usr/sbin/apache2
  Apache version: 2.4.6</li>
<li>Checking for Apache 2 development headers...
  Found: no</li>
<li>Checking for Rake (associated with /usr/bin/ruby1.9.1)...
  Found: yes
  Location: /usr/bin/ruby1.9.1 /usr/local/bin/rake</li>
<li>Checking for OpenSSL support for Ruby...
  Found: yes</li>
<li>Checking for RubyGems...
  Found: yes</li>
<li>Checking for Ruby development headers...
  Found: yes
  Location: /usr/include/ruby-1.9.1/ruby.h</li>
<li>Checking for rack...
  Found: yes</li>
<li>Checking for Apache Portable Runtime (APR) development headers...
  Found: no</li>
<li>Checking for Apache Portable Runtime Utility (APU) development headers...
  Found: no</li>
</ul>

Some required software is not installed.
But don't worry, this installer will tell you how to install them.
Press Enter to continue, or Ctrl-C to abort.

もし足りないものがあり「Some required software is not installed.」というようなことを言われたら案内に従って必要な物をインストールします。

環境によって違うと思いますが、今回は以下のパッケージが足りなかったのでインストールしました。

apt-get install libcurl4-openssl-dev
apt-get install apache2-threaded-dev
apt-get install libapr1-dev
apt-get install libaprutil1-dev

全て揃えたら再チャレンジします。

passenger-install-apache2-module

インストール成功後に表示される以下の部分をメモしておきます。後の Apache の設定で使用します。

Please edit your Apache configuration file, and add these lines:

LoadModule passenger_module /var/lib/gems/1.9.1/gems/passenger-4.0.46/buildout/apache2/mod_passenger.so
   <IfModule mod_passenger.c>
     PassengerRoot /var/lib/gems/1.9.1/gems/passenger-4.0.46
     PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby1.9.1
   </IfModule>

After you restart Apache, you are ready to deploy any number of web
applications on Apache, with a minimum amount of configuration!
Suppose you have a web application in /somewhere. Add a virtual host to your
Apache configuration file and set its DocumentRoot to /somewhere/public:

<VirtualHost *:80>
      ServerName www.yourhost.com
      # !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!
      DocumentRoot /somewhere/public
      <Directory /somewhere/public>
         # This relaxes Apache security settings.
         AllowOverride all
         # MultiViews must be turned off.
         Options -MultiViews
         # Uncomment this if you're on Apache >= 2.4:
         #Require all granted
      </Directory>
   </VirtualHost>

And that's it! You may also want to check the Users Guide for security and

Apache の設定をする

Passenger モジュールのロードを行う設定ファイルを追加します。

vim /etc/apache2/mods-available/passenger.load
LoadModule passenger_module /var/lib/gems/1.9.1/gems/passenger-4.0.46/buildout/apache2/mod_passenger.so

モジュールの設定を行う設定ファイルを追加します。

vim /etc/apache2/mods-available/passenger.conf
<IfModule mod_passenger.c>
    PassengerRoot /var/lib/gems/1.9.1/gems/passenger-4.0.46
    PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby1.9.1
</IfModule>

上記2つの設定ファイルを有効にします。

cd /etc/apache2/mods-enabled/
ln -s ../mods-available/passenger.conf passenger.conf
ln -s ../mods-available/passenger.load passenger.load

バーチャルホストの設定を行います。

vim /etc/apache2/sites-available/redmine.vagrant.conf
<VirtualHost *:10080>
    ServerName redmine.vagrant
    DocumentRoot /var/www/html/redmine/public
    RailsBaseURI /redmine
</VirtualHost>

バーチャルホストの設定を有効にします。

cd /etc/apache2/sites-enabled/
ln -s ../sites-available/redmine.vagrant.conf redmine.vagrant.conf

設定ファイルを読み込みます。

service apache2 graceful

ブラウザでアクセスして admin アカウントでログインできることを確認できれば完了です!
http://redmine.vagrant/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算問題(認証) * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.